後遺症

後遺症を残さないよう宗像市、赤間、遠賀のたく鍼灸整骨院で治療していきましょう

交通事故による怪我にもいろいろとありますが、一番怖いのは「むち打ち症が後遺症となって残ってしまうこと」といわれています。宗像市、赤間、遠賀のたく鍼灸整骨院にも、後遺症に悩み来院される方がいらっしゃいますが、後遺症は事故直後に適切な処置を受けることが出来なかったために残ってしまうことが多いです。

後遺症が残ってしまいますと、何年、何十年と辛い症状に苦しむことになりますし、日常生活にも支障をきたしてしまう可能性がありますので、交通事故に遭ってしまったら、必ず精密検査を受け、身体の状態を確認してもらい必要に応じ適切な治療を受けてください。

交通事故に遭ってしまったら、軽度であり、治療の必要がないと思われる場合であってもすぐに示談したりせず、必ず警察へ人身事故の届出を行ってください。そして、保険会社に連絡を入れ病院を受診してください。交通事故により怪我を負っていても、受傷直後は無症状で数時間後、数日後、場合によっては数ヶ月経ってから痛みや違和感などの自覚症状が表れることもありますが、警察への届出をしておらず、また示談も成立してしまった後に「あの時の交通事故が原因かも・・・」といっても自賠責保険や任意保険を使っての治療を受けることは出来ません。もちろん、そうであっても体のことが一番大切ですし、各種健康保険を使っての治療も可能ですから、しっかりと治療する必要がありますが、経済的負担を減らすためにも、また辛い症状を長引かせないためにも早期に治療を開始しましょう。

宗像市、赤間、遠賀のたく鍼灸整骨院には、むち打ちに関する深い知識と高い技術を有する柔道整復師が在籍しており、丁寧に施術を行っておりますので後遺症を残さずきれいに改善することが出来ます。交通事故に遭ってしまいむち打ちの可能性がある方、また辛いむち打ち症に悩んでいる方は、宗像市、赤間、遠賀のたく鍼灸整骨院でしっかり治療していきましょう。

お問合せはこちら

たく鍼灸整骨院。お問い合わせはこちら!0940-33-1511
TOPへ戻る