ドケルバン病

 

ドケルバン病とは、ずばり親指の腱鞘炎です。

親指の使い過ぎで、親指を動かす筋肉の腱を包んでいる腱鞘に炎症がおこり、腫れて、

親指を動かすたびに、親指の付け根(手の甲側の手首)が痛くなります。

 

治療は、一番は炎症を引かせるための安静です。

親指を使わないように固定します。

 

それでも痛みがひどく腫れが引かない場合は、整形外科での炎症を抑える注射や、腱鞘を切る手術が有効です。

 

 

当院では、炎症を早く抑える特殊電気治療や固定をおこない、早期回復をうながしております。