寒くなると肩こりや腰痛が出やすくなりますね

今回はその理由についてお話しします

日常生活から良い習慣を身に付けていける参考にしてください

 

 

【理由その① 冷えによる筋肉の緊張&血流ダウン】

 

冷えると血流が悪くなるので筋肉の炎症物質や乳酸がたまり疲労を感じやすくなります。また酸素と栄養が十分届かなくなるので疲労回復が追いつかなくなります

 

◆◆今日からできる改善法◆◆

お水を飲む(温かい水がおススメ。ノンカフェイン飲料も〇。一日1リットル飲みましょう。ドロドロ血流を改善します)身体を温める(下半身を動かすと身体が温まります)

 

 

【理由その② 姿勢による肩と腰の負担増 】

 

寒くて背中を丸める姿勢が多くなると(スマホの姿勢も要注意)、頭の位置が前になるため頭を支えようとして首や肩に負荷がかかります。(頭の重さは5キロから6キロあります)また、首の筋肉は背中と腰にもつながっているため、首まわりの筋肉が疲弊すると、背中や腰に負担がかかります。

 

◆◆今日から出来る改善法◆◆

肩甲骨を寄せるストレッチで猫背姿勢を改善

両手を後ろに引っ張ります。深呼吸しながらゆっくりじわーと。このときに肩甲骨が寄っていく感覚を確認しましょう。

 

【理由その③ 姿勢による臓器の圧迫】

寒くて背中が丸い姿勢が多くなると、臓器が圧迫されてしまいます。

圧迫されると血流が悪くなる為、臓器の働きも低下してしまい疲労回復の力が弱くなってしまいます。また、肺が圧迫されると酸素がしっかり取り込まれなくなります。

 

◆◆今日からできる改善法◆◆

意識して深呼吸をする。

深呼吸をする時に胸を開きながらしっかり吸って、しっかり息を吐きましょう。

10回を朝昼夜で行うのがおススメ。