みなさんは肺がどのくらい膨らむかご存知ですか??
心臓より少し大きいくらい??とイメージされる方が多いかもしれません。。
実は、鎖骨よりちょっと上~肋骨の一番下より少し上までがあります。
改めてイメージでみると大きいですね。

 

 

 

本来呼吸をすると背骨や肋骨が連動して肺がしっかりふくらみますが、

自律神経の乱れ、ストレス、猫背姿勢などで呼吸が浅くなったり・背骨や肋骨が硬くなるとしっかり肺が膨らみにくくなります。

 

呼吸が浅くなると酸素がしっかり取り込めなくなるので、身体が酸素不足に!!

身体が疲れやすくなったり、肩こり腰痛が慢性的になりやすくなります。

 

 

 

肺が小さいイメージがあると、それだけで呼吸の時の身体の動きが小さくなります。

肺はとても大きくて、しっかり膨らまそうとイメージをもつと深呼吸がしやすくなりますよ。