みなさんこんにちは、宗像の赤間・東郷のたく鍼灸整骨院です。

 

春の時期は頭や体が重い、眠りが浅い、疲れがとれない・だるい、などの身体の不調が起こりやすくなります。

 

理由は、春の時期の気温の変化や新しい生活での緊張・ストレス・いつもと違う生活リズムにより自律神経が乱れやすくなるからです。

 

自律神経が乱れてしまうと、副交感神経(休息・リラックスモード)と交感神経(緊張・集中モード)の切り替えがうまくできず、

・集中したいのに、ぼんやりする、眠い、やる気が出ない

・休みたいのにリラックスできない、眠りが浅い、身体の力が抜けない

という状態になってしまいます。

特に新生活の環境の変化による緊張は交感神経が優位になりやすく、心身共にリラックスできず疲れが溜まってしまう状態になりやすくなります。

 

 

ご自宅で出来るケアの方法としては、

・規則正しい生活をおくる(定時に起床して、しっかり朝食を食べるなど)

・目元を温める

・お風呂に入ってリラックス

・ヨガなどでしっかり深呼吸・体をストレッチ  など

 

当院では、鍼灸治療で自律神経を調節する施術を行っております。

(鍼を刺すことで身体がリラックスモードに切り替わりやすくなります。)

ご自宅のケアだけでは症状が変わらない方におススメです。

お悩みの方はぜひご相談ください。